保険の満期は嬉しいが

長い間、掛けていた保険が満期を迎えることは支払いが終わるし、割戻金も戻ってくるしで嬉しいことである。しかし、保険が満期を迎えることで心得て注意しなけれまならないことがある。それは、保障期間の終了も一緒にやって来るということである。保障期間の終了がどのような意味合いを持っているかを知っている人は意外に少ない。保障期間が終了するということは、文字どうりに保障されなくなってしまうことだが、保障期間終了後にどうしたらいいか、どのようにできるかが知られていないのである。

たいがいの場合は、保障期間が終わったのであれば新たに保障を準備しようとするのであるが、ここで大きな問題にぶち当たるのだ。これまで同様の保障を準備しようとしても保障内容が変わったり、保険料が上がったり、保険に加入できなかったりすることがあるのだ。こういった問題は、表面に上がってくることなくその人だけの問題とされ闇に葬られてしまうのだ。しかし、この問題は、一部の人に限った問題ではなく保険に加入している人が必ず出くわす問題なのである。だとすると、保険が満期を迎えると次をどうするのかを、保険に加入する時なり加入して暫くたったら考えておく必要があるのである。保険に加入させることだけを目的とせずに、ライフプランの中で保険のあり方を構築すべきなのである。 保険見直しを都度行って損がないように備えなければダメである。